hkmaroのブログ

読書の感想など

七月十二日、十三日

七月十二日

f:id:hkmaro:20170713223556j:image

朝: 納豆、豆腐、鰹節、ヨーグルト。昼: バーのランチカレー。夜: 唐揚げ定食。夕方から散歩がてら本屋。ホリエモンの『多動力』と赤野工作『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』を購入。

最近ビジネス書を読んでいるのは自己洗脳のためである。ホリエモンの本はそういう理由から。ホリエモンの情弱に厳しい態度などは自分にしっくりくる。

『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』だが、ネットで最近紹介記事が出ているのを見た。田舎の本屋には置いてあるのが珍しいタイプの本なので思わず買ってしまった。

帰宅後タスクを済ませて行く。最近個人的なタスクをTodoistを使って消化している。確かにタスクが終わっていくのだが、異常に疲れる。人間の意志力というか行動力の限界は本当に目に見える形で肉体的な苦痛として現れてくるのだなと思った。無理矢理にtodoをこなしていくのは果たして正しいのだろうかと少し疑問に思う。好きなことを没頭してやっている時には少なくともこんなに疲れることはないし、それどころか眠らずに作業を続けることも往往にしてあるからだ。

同時に、休むことの大切さもわかる。タスク潰しを12時近くまでやって、頭が締め付けられるように痛くなっている時、作業が終わって布団に寝転んだ時のあの感じ。布団に吸収されてしまうような感覚だ。そして行動力がじわじわと回復していくのを体で感じる。タスクを自覚的に潰す生活は何らかの代償行為を必要とするだろう。例えば暴飲暴食や、色欲や、八つ当たりなどである。サラリーマンのストレス発散はこの類だと思われる。こなすべきタスクなど何もない人生が一番幸せだ。人間はするべきことが何もない状態が一番人間らしい。

 

七月十三日

f:id:hkmaro:20170713225435j:image

朝: 納豆、豆腐、鰹節、ヨーグルト。昼: 老夫婦がやっている定食屋のカツ丼。夜: マルショクのおにぎり、マグロ缶、ベビーリーフ。

まっすぐ帰宅し、食後に作業。捗らず。合間にホリエモンの『多動力』を読んで了った。それだけ文字数の少ない本である。ただ、ビジネス書の文字数は必ずしも多い方が価値が高いとは言えない。むしろ文字数が少ない方が読者を暗示にかける力は強いかもしれないのだ。その意味ではこの本は悪い本ではなかった。

ホリエモンの本をいつも読んでいる読者からすると何も新しいことは書いていないらしいが、本文中でホリエモンはそれを認めている。それどころかbotを作成して自動的に本を出せるようにしたいとか言っている。これは結構書物にとって本質的なアイデアで、例えば人工知能マルクスの新作を書いたとかベンヤミンの新作を書いたとか言えばみんな読むだろう。思想というのは同じことの繰り返しになることを避け得ない。むしろ同じことを何度も言うから思想になるのであり、それが読者に影響力を持つ。読者への影響力に主眼があるという意味では、ビジネス書と思想書は根本的に親戚である。思想書を読む層はおそらくビジネス書をバカにしているし、またビジネス書を読む層も思想書をバカにしている。俺はどちらも読んでいるわけだが、どちらかと言えばビジネス書の方が今という時代に合っている語りのスタイルだ。かと言ってビジネス書が全面的に正しいかというとそうも思えない。前にも書いたがビジネス書など所詮詐欺だ。もっとプラグマティックな儲けのメソッドはあるはずなのにそれは公開せず、とにかくやるのです!今日からやる男になりましょう!さあさあ! などと読者を煽るばかりだ。

ただ、それでも行動の指針めいたものをほのかに与えてくれたり、モチベーションを採掘してくれたりする点ではビジネス書には効用がある。思想書にはそのような効用はない。1968の頃の思想書にはあったのだろうが、今の思想書は病人の本だ。何もやらないための言い訳をうまく言うための本だ。そのような思想書は存在しなくても一向に困らない。

 

ホリエモンスマホで原稿書いててスマホですべての仕事をしてるらしいけど、それを読んで気付いたけど最近俺ももっぱらスマホでこのブログを書いている。PC開くのはプログラミングするときくらいだ。本当はプログラミングにもキーボードとか両手とかを使いたくない。脳とマシンを無線で接続する技術が早く開発されて欲しい。