hkmaroのブログ

読書の感想など

文章を書くとエネルギーを吸い取られるような気持ちになる

f:id:hkmaro:20170706205201j:image

このブログを書くとき、気分はいつも吐きそうになっている。苦しいからだ。何がこんなに苦しいのかはわからないが、とても体力と精神力を使う。

多分、本来なら何も書くことなどないからだろう。俺は無理矢理に言葉を書き付けているような気がする。みたくもない自分の本音を、自分の心臓を切り開いてえぐり出しているような感覚がある。

それがいいことなのかはわからない。こういうことを続けていると、本当に個人が特定できかねないことや、身もふたもない金や下半身の話を書いてしまいそうな気もする。

それでもこうして書いているのはなぜなのだろう。誰が見に来るわけでもない、自分すらろくに読み返さないこの文章はなぜ書かれるのだろう。

 

昔のように書きたいことがない。人生に何も感じなくなった。何かを感じる前から既視感があり、やる前から飽きてしまっているような感じがある。俺は書きたいことはもう書き尽くしてしまったのかもしれない。書き尽くしたとは言え、並みの作家の一冊分程度くらいの文章量しか書いていなし、しかも所詮ブログだ。こんなものは何か書いたのうちに入らないだろう。しかしそれでも実際俺は出がらしになってしまった。その程度で出がらしになってしまう人間だったということだろう。

もう何もやる気が起きないし、何に対しても語りたいという気持ちが湧いて来ることはない。ただ唖のように黙るだけである。何かやりたいことがある奴は好きにやってくれ。俺はもう何も言わないし何もしない。そういう気分だ。

 

なぜ何も語る気がしなくなったのだろう。多分だが、語っても無駄だったからだ。語ることが徒労として俺の脳に刷り込まれている。事実、今これを書いているときも無駄をしているという気持ちがある。何をしても無駄だと心の奥底で感じている。語っても誰も聞きはしないと悟っている。それを悟っていなかった頃の俺は積極的に語ろうとしていたのだろう。他人を信じていたのだろう。必死に語れば伝わると思っていたのだろう。完全なるバカだ。そんなことはあり得ない。語れば語るほどそれが無駄だとわかってしまった。

何をしても無駄だと悟ってしまった人間にとって、生きること自体が無駄である。だからきっと俺の時間は重苦しいのだ。無駄なことをずっとやらされているという気持ちばかりが増大していくからだ。何か、やっていて無駄ではなかったと思えるようなことを、俺の脳みそは本能として求めているのだろう。しかし残念ながらそういうものはない。何もかも無駄なのだ。無駄なものに対して期待をかけて、さらに裏切られる経験を重ねれば、もはや発狂する以外に道はないだろう。

とは言え、発狂には憧れるのだ。発狂すれば苦しみなどないだろうと推測する。もしかしたら間違いなのかもしれないが、発狂している人の人生はシンプルだ。だから俺も発狂した方がきっといい。発狂すれば単純で充実した人生が戻ってくるはずだ。