hkmaroのブログ

読書の感想など

この世は俺には合わない

f:id:hkmaro:20170705233437j:image

何不自由なく生きられる時代に生まれたはずで、事実不自由なく暮らしてるが、何1つ自由にできたと感じた試しがない。

俺がこの世に合っていない証拠だ。この世は俺に合わないし、俺もこの世に合わない。この世が俺に愛想を尽かしてるのか、それとも俺がこの世に興味を失ったのか。

俺は確かに昔に比べてこの世に対して興味を失った。だがこの世も俺に興味を失った。そんなこの世なら残りの人生を酒で潰す以外に何をすればいいというのだろう。

この世に合わない人間はなぜ生まれてきたのだろう。ヒメアノ〜ルを思い出す。この世は最善ではない。この世に合わない人間が生まれてきている時点で確実に言えることだ。

この世に合う人間が憎い。この世にたっぷり気にかけてもらって、この世におんぶに抱っこで生きている人間が憎い。殺してやりたい。俺は幸福な人間を殺したいと思うが、彼らが幸福だから殺したいのではない。幸福な人間は俺が嫌いなこの世の手先だから殺したいのだ。この世と結託している、この世の一味を皆殺しにしたいと感じている。この世は敵だからだ。

死にたいという気持ちより殺してやりたいという風に思うようになった、というはてな匿名ダイアリーが最近上がってきていた。俺は死にたいと思ったことはほとんどないが、殺してやりたいという気持ちはずっとある。俺はこの世を積極的に否定するために生まれたのだろう。何に対しても不満足ばかり感じる俺は。