hkmaroのブログ

読書の感想など

ニート、ミニマリズムと新自由主義の関係について

最近小屋ぐらしというものに興味が出てきて、『自作の小屋で暮らそう』(高村友也)という本を読んでいる。読めば読むほど、新自由主義的な生活だと感じる。自分で土地の値段や費用を計算し、法律なども調べ、土地を買い、材料や工具を買い、家を建て、「コスパの良い」暮らしをするという本だ。まるでロビンソン・クルーソーみたいじゃないか。読んだことないけど。

また、山奥ニートという人がいる。萱野稔人も出ている以下の動画を御覧ください。

youtu.be

これも新自由主義だ。新自由主義に適応した生き方だ。

なぜそう言えるのか。wikipediaで「新自由主義」を繰ると、こうある。

……一般的な新自由主義的な視点では全ての人類は自分自身を管理する起業者で、そう行動すべきとする。個人は起業家と同様に将来を含めた自己のステータスを最大化するために友人、趣味、スポーツ、配偶者などを選択するという長所の倫理である。この姿勢は初期の自由主義には見られないが、市場原理を人生の非経済的領域に拡大したものであり、新自由主義の特徴的な点である。

重要なのは、自分自身を管理する起業者である、という点だ。つまり自分という商材を扱う営業マンなのだ。営業とは何も外回り・外交だけが営業なのではない。営業とは本質的にはマネージメントだ。損を出さないように自分を効率良く管理できれば立派な起業家なのだ。そういう意味でニートミニマリストたちは起業家であり、新自由主義者だ。

断捨離というのも新自由主義的な観念なのである。それは「リストラ」と全く同じ発想に基づいている。有用性とコストが見合わなければ捨てよう、つまり「コスパ」が悪ければ捨てようという考えだからである。なぜ断捨離という名の「リストラ」をするかというと、自分という企業に対し損を与えるからである。企業にとっての損は赤字のことだが、自分にとっての損は赤字だけとは限らない。体調や精神的な健康状態もその計算に入る。

この論理をさらに進めていけば、(ガチなそれではなく)日本人が精神の健康のために取り入れるヨガや瞑想というのも新自由主義の一形態に過ぎないということがわかるだろう。起業家としてそれを取り入れたほうが良いと判断するから彼ら彼女らはそれをするだけである。

普通はニートとかミニマリストとか小屋ぐらしとか言うものは、新自由主義から「降りた」人たちの生き方だと思われているだろう。だがその理解は間違いである。彼らは新自由主義者だからこそその生活を選んだ。彼らがその生活をするためには、自分にとって何が必要で何が必要でないかという経営判断を下す能力、さらにはその判断を行うために情報を集める能力(情報強者)、さらにその世間一般とは異なる生活を維持していくための問題解決能力や、論理的推論能力が必要である。また山奥ニート氏のような例には顕著だが、類まれなコミュ力も備えている必要がある。日本一有名なニートphaもこの能力に恵まれていた。

こうしてみれば彼らはどうみても新自由主義の市場においても十分にサバイブしのさばっていく能力を有しているとしか思えないのである。事実彼らは有名になることによって新自由主義者としての優秀さを世間にアピールしている。

だが彼らは主観的に自分のことを新自由主義者だと思っているだろうか? おそらくそうではないに違いない。しかしその点こそ新自由「主義」の素晴らしい特徴なのである。これに関しては次回また書いてみようと思う。