hkmaroのブログ

読書の感想など

感じたことの備忘録

ここ数年、ある思想家・活動家に興味があって集会などに参加したり、機関紙を買ったりしていた。だがどうにも拭えない違和感を覚えている。

彼らの集会はどこか馴れ合いめいている。切実さを感じない。無論、彼らの主観的には切実なのだろう。だが彼らの集まりにおいて感じる居心地の悪さは、私が大学の新入生の頃迷い込んだオタクサークルの部室内の空気とよく似ている。

彼らは大して面白くない話でよく笑う。よく笑うこと自体は良いことだ。だが、その界隈に多少詳しい人間であればその話題で笑うことが約束されているネタというものがあって、そのネタで予定調和的に笑い、集団の内と外の境界線を確認し合うという行為がどうしても自分には馴染めない。

もしかしたらこれには、彼らの問題以外に私のパーソナリティの問題も影響しているのかもしれない。私はいわゆる空気の読めない奴で(思ったことをズバズバ言えるコミュ強という意味ではなく、その全く逆のコミュ障という意味で)、複数人の人が話しているときに皆がなぜその話題で笑っているのかわからないというか、全く共感できないという瞬間に立ち会うことがよくある。

しかし、彼らのノリとの合わなさに関しては私の人格のみが原因ではないと思う。彼らの会話の様子は二次元オタクそのものである。話のネタがアニメ・マンガ・ゲームから政治・思想に変わっただけだ。

彼らは党派を形成したり、勉強をしたり、教化されたりしたいのではない。友達が欲しいのだ。会話を楽しみたいのだ。彼らの思想にとって党員の拡大、革命的主体の確立よりも友達同士のつながりのほうが重要だと言うのであればそれはそれで正解なのだろう。だが私にとっては重要なことが違った。

私は教化されたい。革命的な主体になりたい。そのことが身にしみてわかっただけでも、彼らの集まりに顔を出してみたことは悪いことではなかったと思うことにする。

本当に革命的なことを考えている人間は、今の時代であれば、とにかくカネを稼いでいるはずだ。いわば、新自由主義にそまり、搾取する側に回り、世界を解釈したり糾弾したりするのではなく、世界を具体的に変革し、転回させているはずだ。身も蓋もなく形容するならば、現代では成金こそが変革者なのだ。

本当に当たり前といえば当たり前のことだし、ビジネス書に書いてあるようなつまらない結論のようにも我ながら思うが、事実そうだとしか思えなくなっている。新自由主義は、いや、もっと広く資本主義は、教養主義を破壊した。共同体を破壊した。文化を破壊した。主体を破壊した。思想を破壊した。自然を破壊した。そして人間を破壊した。資本主義の荒れ果てた世界で生き残る強者とは、最強に破壊的なニヒリストであるだろう。

革命は、つまるところ破壊である。革命家には行政能力は無い。革命家には未来のビジョンなどなくても良い。ただ破壊の意思があればいいのだ。そして資本主義はそれとは一見わからないような形で破壊を本当に見事にやってのけたし、これからもより一層巧妙に破壊を推し進めていくだろう。

破壊を旨とする革命的人間にとって、このことが喜ばしくないはずがない。そして、馴れ合いに満ちたあらゆるヌルい空間をカネの論理によって無慈悲に粉砕してほしいとも願っているのである。

新自由主義の手先としての革命家は、無価値なものには死をと唱えるだろう。だが彼自身価値あるものとは何かを全く知らない。荒れ果てた更地からまた人間がやっていけるようになるのなら、破壊的新自由主義者の行為はこの上なく偉大である。新自由主義と資本主義は、一切合切の破滅と死を望む者にとっての絶望的な福音である。