読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hkmaroのブログ

読書の感想など

戻ってきた

 Wordpressのブログを閉じ、こちらのブログに戻ってきた。

 どこで書いていようと誰にも読まれることはないのなら、どこで書いても同じことだ。だからこっちに戻った。Wordpressのサイトは閉じた。

 星空文庫での投稿を再開することにした。

slib.net

 あれから色々変わった。仕事はやめて別のところで働いているし、沢山の人と疎遠になった。一番好きな家族だった祖母も死んだし、住む場所も変わった。しかしブログを書いていた頃に戻りたいと思ってここに戻ってきたような気もする。

 本当はもっともっと昔の自分に戻りたい。毎日毎日外出もせずにアパートに閉じこもって自慰と宅録エロゲーばかりしていたころに。1リットル紙パックのお茶とタバコだけが友達だった頃の自分に。しかし同時にその頃の自分は黒歴史でもある。政治と文学のことなど何も考えてすらいなかった頃の自分だ。何かのために生きるとか、何かのために死ぬなどということはまるで思いもしなかった頃の自分だ。知らないがゆえに書ける曲や文章もある。今の私は、その時の思考を思い出すことすらできる気がしない。

 だからその中間のここが丁度よい気がしている。ブログが続くかどうかはわからない。ただブログを書くくらいしか読書の感想を吐き出す場がないのも事実だ。

 きっと、何か読めば書くだろう。