読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hkmaroのブログ

読書の感想など

六月二十九日

六月二十九日。昼:生協食堂の鴨肉そば。夜:アブラ学会。

ガクショウと夜打ち合わせ。アブラ学会後に早稲田シャノアールで話す。

DEADENDを初めて聞いたのは既に二十歳を超えてからだったが、その音楽は私が影響を受けた音楽を包括するものだった。それゆえ私は、まるで中学生時代からずっとこのバンドを聞いてきたかのようにして、まるでLUNASEAやLaputaを聞いているかのように聞き込むことができる。DEADENDこそは究極の邦楽ロックである。DEADEND、DEADEND、DEADENDだ。