読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hkmaroのブログ

読書の感想など

再び引っ越し

http://hkmaro.sakura.ne.jp/blog/

自前のメディアを持つ、たとえ読者がいなくても自前のメディアを持つ、ということはどういうことなのだろうか、と最近しみじみと考えることが多くて、特に鷹部屋氏の「そうだよ新報」を読んで政治からサブカルまでフォローするそのテーマの豊富さや文字なのか絵なのかよくわからない、こういう言い方をして失礼でないと信じて言わせてもらうがかなりアウトサイダーアートチックな紙面を素晴らしいと感じるとともに、一方で同じミニコミ誌名でネットを検索してもほとんどヒットしない、つまり話題になっていないということを知ってからは、ますます自前のメディアって何だろうと考えるようになったのと、あと、はてなのブログを今迄は三年くらい使っていたけど自分の知らない所でと言うか無自覚な所でどんどんはてな的なものを目にする機会がそれのせいで増えてきていて、はてなブックマーク、まあ自分も使っているのだけどはてなブックマークって一体なんだろう、という疑問がどんどん自分の中で膨らんでいったのと、あとはてなというプラットフォームというかフォーマットというか下部構造に乗っかっている限り俺のブログの内容に合った読者を得ることってほとんどないんじゃないかという疑念もどんどんどんどん膨張してきていて、それゆえ独自の、無色の、不偏とまでは言わずとも自分オリジンの偏りに偏ったブログというものがあればいいのになと思って思い切ってワードプレスに引っ越すことにしてみた。このブログはサーバーをかりなきゃいけないので月々の支払いが発生する。その分きっと緊張感を持って書くことができるだろう。もちろん今度はワードプレス色に偏ってしまう、という結果を招くだけなのかもしれない。だがそれにしたってはてなが偏り過ぎているような気がする。というよりも、なんというか大きな内輪、という感じが凄いしていたのは確かなことなので、私は外へ行きたいと思った。

ここが外なのかどうか、しばらくは試してみることにする。もちろん、今迄どおりの下らない生活が垂れ流されるのだが、読書や思索をこれまでよりも多めに書いていこうと思う。もう誰にも遠慮することなく(悪口ばっかりを書くという意味ではない)書きたいことを書こうという心構えで。