読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hkmaroのブログ

読書の感想など

終わらないエヴァ

アニメ

「ヱヴァQ、オバQの間違いかと」 押井守がエヴァぶった斬り

 演出能力は抜群だからその気になるでしょうが、騙されたいと思って見るぶんには十二分に機能しても、表現を成立させるための方便に過ぎないから結末を引き伸ばすだけで、落とし所が想定されていないことは明らかですから、これはドラマと呼ぶべきものではありません。SF的な意味での設定は複雑に凝らしてあるものの、世界観は曖昧であり――テーマがないのだから曖昧でしかあり得ない――世界観なしに映画は成立しないから、その内実の無さを文字通り「補完」すべく、作品の作品内における再構築を繰り返すことで、映画としての無内容に代替させる。

 『エヴァ』という作品がいくらでも継続できる――永遠に終結させられない、それがほとんど唯一の理由でもあります。

ということを押井守が言っているらしく、まあこういう「エヴァはサンプリング&リミックスである」みたいな説ってのは庵野自身が認めていることで、『トップをねらえ!』の時からそういう趣はあったが、そのことがまあ他の監督とかから批判されているということなのらしいし、実際こういう「中身の無さ」みたいなものがある種のオタには「なんかすごそうなのに話の内容がよくわからんから許せん!」という鑑賞の手応えの無さに繋がって怒りを買ってしまうのだろう。確かにカネあるいは時間を使って話題になってる『エヴァ』をみてみたらよくわからない上にテーマが無く完全なオナニーだったということなら、向上心あるオタク達は怒るかもしれない。カネ返せという話になるかもしれない。

しかしこういう『エヴァ』のあり方を私はむしろ肯定的に捉えている。永遠に終結させられない、というのは良いことなんじゃないのかと思っている。小手先の制作技術は優れているが、テーマがなく、サンプリングだらけで、曖昧で、終わらせることができない。こういうある種スノビズムの極限まで行った様態は押井守の『ビューティフル・ドリーマー』内の「終わらない文化祭前日」を思い出す。まあ押井守はきちっとした「テーマ」のもと同作品を「終結させ」たわけであるが、しかしアレを観たオタク達はあの真夏の日々を繰り返している友引町を終結させたいと思ったのかどうか。というか、終結させたくねーと願っているオタクばっかりだから友引町のループが終わるという筋書きに批評性があるわけなのだが、しかしオタの正直な願望としてはもう永遠に高校生やってメガネやラムちゃんやしのぶやサクラ先生と戯れて文化祭前日みたいな毎日をエンジョイしてーwwwというのがあるのはこれはもう確実だ。

で、『エヴァ』というのは文化祭前日が毎日続いてる話なのではないかと上の押井守のブロマガだかなんだか知らないがそれの文章を読んで思ったわけ。もし『ビューティフル・ドリーマー』から「テーマ」の部分がスポッと抜け落ちたら、あたる達はきっと文化祭前日を繰り返してた筈で、で『エヴァ』に「テーマ」がないというのであれば、そしてアニメ的技巧だけは非常に優れているというのであれば、それはもうアニメ的世界のユートピアというか黄金郷というかつまり同じ一日を繰り返す友引町と事実上同一のものであると言って言えないことはない。「テーマ」がないおかげで我々は『エヴァ』の世界に永遠に留まっていられる。原作を消化し尽くしても読み切れないほどの二次創作がある。これは90年代当時から益々景気が厳しくなって家計が圧迫されている日本人(オタク)の娯楽として非常に効率的な永久機関的慰みだと言えるのはないか。エヴァにテーマがないおかげで、我々は萌え萌えアスカたん、ぽかぽかレイちゃん、親バカゲンドウ君らと面白おかしい毎日を過ごすことができる。もう竜宮城から帰る必要がない。押井守の上記引用記事は、「『エヴァ』それ自体が二次創作なんだよ!」と言っているようなもんだが、そのお陰でオリジナルの特権性は崩れ、我々エヴァオタは数多の二次創作(エロ)同人やSSを、まるでオリジナルであるかのように消費することができる。そしてエヴァの製作サイドもキャラの二次創作的イメージが散布されていくのをむしろ肯定しているように見える。各種ゲームやらパチンコやら碇シンジ育成計画やら山下いくとの『エヴァンゲリオンANIMA』やら、そのどれもが真面目なファンが読んだら「シンジはこんなこと言わない!」と激怒しそうな内容を多かれ少なかれ含んでいる筈なのだが、それはそれとして流通して売れていて誠に結構なことである。それもこれもエヴァにテーマが無いお陰だ。芯がないおかげだ。だからいくらブレても超オッケー。それゆえどんなシンジでもどんなエヴァでもぽかぽかする綾波ですら我々エヴァオタは楽しめる。だからエヴァって本当に良いものだなあ、と僕は思いました。

その実感を、庵野秀明が台本書いたという

これを聴いてさらに強くするわけ。もう、庵野秀明自身からしてSS書きだったんですよね。