読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hkmaroのブログ

読書の感想など

上祐史浩の偉さ。

九月二日

昼飯はビッグエーの弁当など。リクルートエージェントのサービスを使うことにしたので東京駅まで行った。サービスはよくできていると思ったが働いている人たちは大変だろうなと思う。生まれて初めて八重洲ブックセンターに行ったが、良い本屋だった。良い本屋だったにもかかわらず、本は一冊も買わず、電車で紀行、みたいな500円のDVDを買った。しかも二個。家に帰って見てみたが、ニコ動の前面展望動画があればいらないような気もした。しかし、ニコ動やらないオッサン達には良いのかもしれない。

ミニ鉄道の小さな旅(関東編) Vol.1 江ノ電  湘南の風に誘われて~鎌倉編 [DVD]

ミニ鉄道の小さな旅(関東編) Vol.1 江ノ電 湘南の風に誘われて~鎌倉編 [DVD]


晩飯は新所沢のサンという喫茶店でカツカレー大盛りを食った。家庭の味。うまい。パルコのリブロでatプラスの宗教の未来特集号を買う。

atプラス13

atプラス13

上祐と大田俊寛という人の対談読んだ。対談相手の大田という人のことを知らなかったので、アマゾンでどんな本を書いているか気になってみてみたら、自著に☆一つをつけたレビュアーのコメントに長文の反論を書いていてたまげた。

しかし、アマゾンのレビューってたいてい☆五つも☆一つも同じ程度の中身のないレビューだが、☆一つだと著者からコメントがついて、☆五つだと著者から生暖かく見守られるというのは、これはいったいどっちが幸せなのか。

それにしても対談を読んで、上祐は偉い奴だなあ、と思った。この大田という人は批判的なようだったが、とにかく私は上祐は偉い! と思った。上祐にはがんばって欲しい。こういう自分の活動の場所に乗り込んできて面と向かって自分を批判してくるような人間との対話でも慇懃に受け答えするというのは並みの人間のできることではない。上祐の胆力というか、人間力というか、これが修行の成果なのか。この上祐の精神力のすごさ一つとってみても、修行には価値があるのだと確信させられる。上祐がんばれ。

九月三日

昼:ラーメンジャンボ。夜:味の一番館。
とにかく毎日がつらい。張り裂けそうだ。