hkmaroのブログ

読書の感想など

アニメーション

アニメを見てその作品に対して単に良いとか悪いとかいう評価を下すことが、そのアニメをちゃんと視聴していないことの証拠であることは言うまでもないことだが、それでなくとも作品の分析をしようとする眼差しも、アニメに対する正当な態度ではない。私も含めて普通のアニメ視聴者は作品の分析を好むし、もしかしたらアニメ製作者も彼らなりのアニメへの分析を元に制作しているのかもしれない。しかし、我々が何故今アニメを観ているのか、子供向けといわれるアニメ(思春期の少年少女が主人公である話がほとんどであることから分かるとおり、大人向けのアニメはほとんど存在しないし、またその需要も少ない)を大人になった今でもみているのはどうしてなのか、自問してみればおのずとあることに気付くであろう。すなわち、子供の頃にアニメをみた体験が大きな穴を心に穿ったからである。子供の頃どういう態度でアニメを観ていたか思い出す。とにかくアニメであれば何でもよかった。アニメであれば面白いのか面白くないのかは関係なく画面を凝視していた。大人になって同じアニメを観てみると非常につまらなく感じることがあるが、それは視聴者としての自分が成長して子供向けのアニメに満足できなくなったから、では決してない。つまらないアニメは子供の頃もそれなりにつまらなく感じていたはずだ。例えばドラゴンボールのアニメ版は全国の子供達が正座してみる超人気アニメだったと思うが、そのつまらなさは全国の子供達が知っていた。過剰な引き伸ばしや、どことなくイタいオリジナルシナリオのダメさ加減は、小学生ですら指摘していた。アニメを観るという行為に惹きつけられることと、そのアニメが面白いかどうかは別の問題である。同じく、そのアニメを分析するかどうかも別の問題である。ではアニメを観るという行為、これは一体何なのか。面白くもないものを、なぜアニオタは観続けるのだろうか。面白くないものを観ている自分というものを自分で認めたくないから、アニオタたちは「自分は面白いアニメを観ている」という自己暗示をかける。最近山本寛監督のツイッターでの発言が話題になっていたが、いまやアニメには勝ち負けの論理しかない、という指摘は正しいけれど、それはアニオタ自身が「自分は勝っている」と思い込まないと、アニメを観る理由付けをできないからである。アニメを観るという純粋な経験、これをアニメの純粋視聴と呼ぼう。このアニメの純粋視聴においては、アニメという枠組とセットで連想される、社会的に構成された色々な非アニメ的なものこそが重要である。例えばアニメを観る時間帯だ。夕方から午後八時くらいまでの時間帯や、深夜、または土曜日曜の早朝。もしくは夏休みの午前中。これらの時間、当然のことながら我々(子供)は家でアニメを観る。視聴者(子供)が家に居る時間にこそ、放送局はこれらを放送する。このことによって、アニメと自宅がまず結びつく。テレビは自宅にあるんだから当たり前のことだと思ってしまいそうだが、これは自明のことではない。必ずしも自宅と結びつかない番組やタレントも居る。タモリ小堺一機やその番組はそうである。そして特に時間帯によっても純粋視聴の質は変わる。夕方の視聴は夕飯時で家族とともにか、あるいは家族が家にいるときに観ることになるだろうから、家族という観念や食事という観念がアニメと繋がるだろう。またアニメをみる時間帯は人生の諸段階とも関わりあっている。例えば土日早朝のアニメは幼年時代に親に起こされて観るアニメであり、その時代の生活環境とセットでアニメの純粋視聴に影響を与えるだろうし、夕方のアニメは小学校中学校くらいの年齢までの生活環境が同様に影響を与えるだろう。また、深夜のアニメは高校生や大学生になってからの生活環境と結びつく。特に大学生は、親元を離れることも多い。深夜アニメの純粋視聴と、それ以外の時間に放送されるアニメの純粋視聴は、それゆえに違う経験だといわねばならないのだが、しかしむしろ子供時代に刷り込まれたアニメの視聴態度の延長線上で、我々は深夜アニメを観るのであるから、やはり重要なのは子供時代の視聴経験である。深夜アニメの視聴は、アニメが結びついてきた特定の社会的なもの(個々人の生活環境)とアニメとを切り離す体験としてもあり得る。深夜アニメ的視聴のいく着く果てが、オンデマンド視聴である。我々はかろうじて子供時代にアニメとセットで色々な社会的な観念を刷り込まれるから、オンデマンド視聴にも耐えられるが(すなわち、「アニメ=何かいいもの」という引力が、子供時代の刷り込みによって可能になっていたので、その効力が続く限りオンデマンドのアニメ視聴「=いつでも好きなときにアニメがみられる喜び!」の根拠となり得る)、子供の時分に既にオンデマンド視聴をするようになった子供たちは、アニメの純粋視聴という枠組を構成し得ないのではないか、という説もあげることはできる。しかし、子供が親の監督下にある限り、その「監督下」という社会的文脈がアニメと結びつくかもしれないし、ここで私の言うアニメの純粋視聴とは、上記の通り社会的に構成された生活環境(の記憶・観念)とアニメのつながりを指摘するものであり、決して「何ものも前提としない純粋なアニメの視聴」を意味しているわけではない。そもそもそのような視聴が可能なのかどうかは疑問だが、特定の非アニメ的観念とアニメが結びつく傾向が少なくなれば、アニメを視聴する態度も変容して、より先鋭化したアニメ視聴というものが生まれるかもしれない。