hkmaroのブログ

読書の感想など

くだをまいた

昨日は職場の飲み会があって、送別会で、みんななごやかに飲んでいたのだが、私ひとりがウンコみたいに酔っ払ってくだを巻いていた。「あんたたちの仕事なんか意味ないんですよ! がんばって仕事してもそれは虚構ですよ!」みたいな発言をしたら、下っ端の人に「虚構っすかwww」と笑われた。やっぱり職場の飲み会で飲みすぎるべきではない。あとで謝らないといけないし、二日酔いも気持ち悪い。お酒は友達と飲むべきだ。当たり前すぎることだが、わが国ニッポンでは会社の人とお酒を飲まなければ円滑に仕事を進められないという、論理的に考えておかしい風習がまかり通っている。

電車の中でIPad2を持っているサラリーマン二人組を見かけた。昼間なのにもうゲットしていて、電車でストリートファイターのアプリを起動させて対戦していた。醜いサラリーマンだと思った。餓鬼のようにはしゃぎながらゲームしているサラリーマンだった。それはそれは醜かった。日本の将来はおしまいだな、と思った。