hkmaroのブログ

読書の感想など

今日も芳林堂高田馬場店に寄って帰った

最近毎日芳林堂に寄って帰っている。もう病気だ。自分でもなんでそんなに毎日通うのかわからないが、一つ仮定できる。まず大前提として、何か本が欲しいという欲求が存在していることは間違いない。しかし、欲しい本が決まっているわけでもないであろう。ということは何か良い本がないかなー、という気持で本屋に寄っているのである。まあ、現代の本屋の使い方としては完全に正しいと我ながら思う。絶対に欲しい本はまずアマゾンなどのネット通販で注文するからだ。まあアマゾンでは届いたときに本がぐちゃぐちゃに折れ曲がっていることも少なくないが、入手の確実性という面では本を探して回る無駄な苦労をしなくていいので良い。では、何か良い本がないかなーと思いつつも毎日通うのはなんでなのかというと、良い本が結局手に入らないからである。例えば今日は手ぶらで帰ってきた。手ぶらで帰ってくるということは、本屋に滞在した約一時間が全くの無駄になったということで、これは非常に悔しい。悔しい思いが「明日こそは何か良い本を買ってやる!」という欲望を駆り立てる。するとまた次の日も本屋に行くことになる。しかし、このループは本屋に良い本さえ置いてあれば、あるいは本屋が良い本をプッシュして私に買わせるように仕向けてさえいれば解消されるはずのものであることは疑い得ない。ということは本屋がダメなのである。というわけで私は長いこと慣れ親しんだ芳林堂高田馬場店を見捨てようかどうか本気で考えている。

芳林堂高田馬場店についての思い出でも記してみよう。私が始めて芳林堂高田馬場店に行ったのは大学一年生の時であり、まだその頃は夜九時か九時半位までしか営業してなかったのではないかと思う。大学の授業が終わり、サークルにちょっと(ではないか)顔を出したら、毎日のように五階のラノベコーナーに行ってラノベを買っていた。当時はまだまんがの森新宿書店コアブックスも健在で、当時高田馬場はオタクにとって結構居心地のよい場所だった。友人と一緒にマリみての新刊の早売りを買いに何軒も本屋を回ったりした。他に高田馬場で今も残っている本屋といったら芳林堂と早稲田通りをはさんだ向かいにある資格試験の参考書が充実してる本屋(なんという名前か思い出せないが、多分名前が変わったんではないか。ハリーポッターの新刊が出たときは「ヒィヒィ階段のぼって買うよりは一階にあるウチでさっと買ってったほうが賢いですよ」的な貼紙をしてたりして、なんというか実用書メインの品揃えと相俟って小物っぷりを露呈させていた)とかあおい書店くらいで、ビッグボックスの中にあった三省堂も消滅した。駅の戸山口にある小さな本屋はまだ残っているが……あそこでは誰が何を買っているのだろう。やっぱりあの手書きの新刊情報がキモなのだろうか。その後大学二年までは芳林堂でラノベを買いまくっていたが、前にも書いたことがあるけれど、大江健三郎に目覚めて今度は三階のフロアで純文学の本を買ったりするようになった。その後は引きこもりとなってまず高田馬場までも行くことが少なくなったのであるが、大学を卒業してからはエンタメ小説などを買うようになった。こうしてみると芳林堂におんぶにだっこしてもらってすごしてきたといってもいいような気がする。しかしそれももうおしまいだ。高田馬場において完全にヘゲモニーを握った芳林堂は、あぐらをかいている状態だ。以前は同人・エロ・オタ三位一体の新宿書店、エロの帝王コアブックス、サブカルマンガ&BLのまんがの森、などと役割分担ができていて、そのなかで芳林堂は独自の地位を追求し、有名マンガの原稿を展示したり、マンガ家を読んでイベントを打ったりしていたような気がする。これはマンガラノベに限った話ではあるが、今現在はマンガラノベだけでなく一般書籍も見ているので、それも含めて買うべき本が見つからない今の状態では芳林堂に通うのは時間の無駄だということになる。なので、今後は本を探しに行くのに別の本屋を見つけなくてはならない。池袋のジュンク堂は遠いし、新宿は人が多くて嫌だし、なかなか難しい。そもそも平日に本屋に入り浸るのが間違いなのかもしれない。早稲田のあゆみブックスは結構好きだが、あそこは売り場面積が小さく非常に惜しい。物量が足りず、欲しいものが買えない。同じく早稲田にある成文堂は、品揃えが大衆向けに傾いていて面白くない。

ところで書店に竹宮ゆゆこの新刊『ゴールデンタイム』を見かけないのでアマゾンで注文していたら、今日芳林堂に大量に積まれていた。こうした間の悪さも芳林堂らしい。という感想は私が勝手に主観的に抱いたものだが、妙にしっくりくる。