hkmaroのブログ

読書の感想など

一般小説

四月二十九日 藤谷治『遠い響き』を読む

四月二十九日。朝から昨日飲み残していたビールを飲む。ただの苦い水。じゃがりこをつまみにもう一缶空ける。眠くなり午後三時まで熟睡。最近慢性的に眠かったので気持ちよかった。五時まで文フリ用の原稿を書いたり書かなかったりしながら過ごし、外出する…

■私の生まれ育った熊本県では、熊本県で最も栄えている、熊本市の中心的繁華街のことを単に街と呼んでいた。しかし、今から考えるとこれは話し言葉でしか使われない単語で、敢えて表記するとしたら「マチ」とでもしたほうがいいようなものなのかも知れぬ。大…

日記

今日は二日前に本屋で購入した真木武志の『ヴィーナスの命題』という小説を読み始めた。ラノベのコーナーに(ボーダーとはいえ)一般小説を置く本屋の試みに感心し、また帯に長門及び谷川流のコメントが載っていたので買った。まだあんまり読んでいないけれ…